生まれてこない方がよかった時、人はどう生きるか? 舞台 ふくすけ

昨晩はお客様に誘われて舞台『ふくすけ』を観に渋谷の

シアターコクーンへ行って参りました。

 

初演は91年、再演は98年、そして14年ぶりに再々演する

伝説の舞台というので立ち見も売切れの人気公演ですが

夕べの席はなんと最前列。

舞台装置と演出がすごいので全体を引きでみたいところですが、

役者さんの唾がかかりそうな席でたっぷり堪能してきました。

 

舞台を見るのはものすごく久しぶり。

私には年の離れた兄がふたりいて二人とも舞台役者、長兄のお嫁さんも

舞台役者だったので小さいころから渋谷や下北沢の小劇場で

子供には難解すぎる演劇を観て育ちました。

なので濃い題材を扱ったものには耐性がある方ですが

それでも「ふくすけ」はかなり濃い。

 

薬害により奇形となった少年フクスケをめぐる物語。

 

貧困、差別、障がい、風俗産業、新興宗教ビジネス、テロ、捻じれた愛。

放送禁止用語満載ですからテレビでは絶対に流せません。

 

死ななければならないことなんてない。

その代わり生きなければならないこともない。

すべてはフィフティフィフティ。

 

怖いけど面白くて、面白いけど哀しい。

人間の暗部にスポットをあてているので

好き嫌いがはっきり分かれる作品だと思いますが

私は不思議に前向きな気分になりました。

 

それにしても阿部サダヲ、大竹しのぶ、古田新太、多部未華子らの

豪華キャストで豪華な舞台装置で観るエンターテイメント化された

壮大なアングラ演劇というのは初めてで。

びっくりしましたが大変素晴らしいものでした。

 

ホテトル嬢を演じた多部未華子ちゃん、お人形のように可愛かった♪

 

やはり舞台は舞台で観なければいけないね。

ナマって素晴らしい。

誘ってくれたUさん、ありがとうございました!

 

ふくすけ

作・演出:松尾スズキ

主催:Bunkamura/大人計画